宝塚記念 オッズ
05.03.2021

宝塚記念オリジナルオッズカード


ディープインパクト (欧字名: Deep Impact 、 年 (平成14年) 3月25日 - 年 (令和元年) 7月30日 )は、 日本 の サラブレッド である。. 競走馬 として、年(平成17年)に シンボリルドルフ 以来日本競馬史上2頭目となる、無敗での 中央競馬クラシック三冠 を達成、年(平成18年)には日本調教馬としては初めて芝部門・ 長距離 部門で世界ランキング1位となった [6] [7] 。. 種牡馬 としては年から年の日本の リーディングサイアー である [8] 。 年 には産駒の コントレイル が日本競馬史上3頭目の無敗での中央競馬クラシック三冠を達成し、世界初の父子2世代での無敗三冠 [9] [注 1] を達成した。. ディープインパクトは 年 (平成14年) 3月25日 、 北海道 勇払郡 早来町 (現在の 安平町 )の ノーザンファーム で産まれた。父 サンデーサイレンス は出生当時の不動の リーディングサイアー であり、同馬は 年 の同日に誕生した [12] 。母 ウインドインハーヘア は現役時代に ドイツ G1・ アラルポカル を優勝し、同馬にとってディープインパクトは第7仔であった [13] 。ノーザンファーム場長の秋田博章は生まれたばかりの同馬を見て、体のバランスは良いと思ったが、ほかの馬と比較して目立って良い点があるとは感じなかったと語っている [14] 。. 入厩して1か月が経過した10月、坂路の調教で初めてタイムを計ったときに、調教師の池江が58秒から59秒で走らせるように指示したが、これよりも速い54秒前半のタイムを出してきた。この時、調教助手の池江敏行がきっとバテバテになってしまっているに違いないと心配して駆け寄ったところ、ディープインパクトは「汗一つかいておらずケロっとしていた」といい、この時市川は、「ただ者ではない」と思ったとのちに語っている [27] 。その後12月に 武豊 騎乗でデビューすることが決定したため、デビュー戦4日前の調教で武が初めて騎乗することになった。池江敏行は武に「この馬、ひょっとしたらとんでもない馬かもしれないよ。久々に味わった、気持ちいいぐらいの背中なんだ」と言い [28] 、武が騎乗したディープインパクトは栗東トレーニングセンターのCウッドコースを6ハロン81秒5、ラスト3ハロン38秒3、1ハロン12秒5という時計で走り、併せた馬に1.

第65回 皐月賞 では、単勝支持率が 東京優駿の後は、まず栗東トレーニングセンターで調整されたが、 7月10日 に 札幌競馬場 に移動し [44] 、それから約2か月間は同競馬場で調整された [45] 。 放牧 に出さずに札幌競馬場で調整されたのは、厩舎での調整のリズムを変える必要がないことと、 避暑 ができるからであった [44] 。札幌競馬場での調整では行きたがる気性を治すための調教もされた( 性格・気性 の項目を参照)。 9月11日 に栗東トレーニングセンターに戻り、その後は栗東で調整が行われた [45] 。. 秋初戦となった 神戸新聞杯 は単勝オッズは1. そして三冠のかかった年(平成17年) 10月23日 の第66回菊花賞ではディープインパクトの単勝支持率は レースでは好スタートを切ったものの、スタート後の最初の3コーナーから掛かってしまう。そのため武はディープインパクトを馬群の内側に入れ、前に行くのを防いだ。その後馬群中団で落ち着いたディープインパクトは、直線で先に抜け出していたアドマイヤジャパンを差し切り2馬身差をつけて優勝。シンボリルドルフ以来、21年ぶり史上2頭目の無敗での三冠馬となった [注 9] 。なお、ゴール前での 馬場鉄志 アナウンサーの実況「 世界のホースマンよ見てくれ!!

菊花賞後、陣営はディープインパクトを年内にあと1レース出走させる方針を示したうえで、 ジャパンカップ と 有馬記念 のどちらに出走するかを検討し、最終的に有馬記念に出走させることを決定した [53] 。事前のファン投票では16万票を集めて1位となった [54] 。レース当日の中山競馬場には前年比 天皇賞(春)翌日の5月8日、池江泰郎が凱旋門賞出走に向けた海外遠征プランを発表 [注 13] [24] 、その 前哨戦 として 6月25日 に京都競馬場で開催される第47回 宝塚記念 [注 14] に出走することとなった。事前に行われたファン投票では8万票を集め1位となり 宝塚記念 オッズ 、単勝支持率も天皇賞(春)に続いて年に シーザー が記録した 凱旋門賞の行われるフランスに出発する前の 年 (平成18年) 7月2日 、たてがみの生え際にマイクロチップが埋め込まれた [78] [79] 。これはフランスでは年からすべての出走馬にマイクロチップを埋め込むことが義務付けられているからである。日本では 年 (平成19年)に産まれてくる産駒から 個体識別 のためにマイクロチップを埋め込むことが義務付けられたが( 年 (平成18年)に産まれた産駒や現役馬は順次導入)、ディープインパクトはこれに先立ち日本産馬としてはマイクロチップの埋め込み導入第1号となった [80] 。翌3日には金子真人、池江泰郎、武がフランスへ視察に訪れ、滞在先がカルロス・ラフォンパリアス厩舎になることが決まった [81] [79] [注 17] 同月19日には JRA からフランス遠征に際する出国予定日や帰国予定日が発表され、 帯同馬 が、金子が所有する3勝馬、 ピカレスクコート に決まったことも報じられた [81] [79] 。.

ディープインパクトは 8月2日 から 美浦トレーニングセンター に滞在してピカレスクコートとともに 検疫 を受け [78] 、翌3日から8日まで美浦で調整が行われた [81] 。9日、台風の影響で約2時間遅れとなった午前10時33分、 成田国際空港 から 日本航空 便で出国し、現地時間9日午後2時56分にフランス・パリの シャルル・ド・ゴール空港 に到着 [78] 。 9月13日 には主催者の フランスギャロ の許可を受け [81] 、凱旋門賞が開催される ロンシャン競馬場 でスクーリングを兼ねた調教が行われた [78] [81] 。当日は約80人の報道陣が集まり、日本人はその半数を占めた [82] 。フランスの専門紙であるパリチュルフは、スクーリングを一面で扱い「ディープインパクト その時が始まろうとしている」との見出しが掲載された [82] 。. 事前の申し入れによりゲートには最後に収まった [87] 。好スタートを切り、今までの控える競馬とは違い道中2 - 3番手でレースを進めると、残りメートル地点でいったん先頭となったが、残りメートル地点で レイルリンク に、さらにゴール直前で プライド にも交わされて3位入線に終わった [87] 。敗因として武は「直線を向いてから ハミ を取らなかった。ギアが一段上がらなかった」と語っている [88] 。.

そのほか競馬関係者もこの敗戦を分析し、岡部幸雄と 柴田政人 は 斤量 とヨーロッパ特有の重い馬場を敗因として挙げ [89] 、岡部は加えて現地のレースを1回経験させておいたほうが良かったとの見解も示している 宝塚記念 オッズ 。また、江面弘也はフランスの アンドレ・ファーブル 厩舎の3頭 [注 19] に囲まれながらレースを進めざるを得なかったことを指摘し、ディープインパクトは「『なにをしてでも勝たなければいけないフランス』に負けた」としている [91] (レースに関する詳細は 第85回凱旋門賞 を参照)。. ディープインパクトは 10月4日 にフランスから日本に帰国し、千葉県 白井市 の 競馬学校 で検疫が行われた [78] 。その後は、滋賀県の グリーンウッド・トレーニング にて3週間の着地検査を行う予定であったが、調教師の池江によって 10月29日 宝塚記念 オッズ 天皇賞(秋) にて復帰することが決まり、規定により同競走が開催される東京競馬場で着地検査が行われた [92] 。. 天皇賞(秋)は、帰国して日が浅い中で出走させるのは馬がかわいそうだということで回避が決定され [96] 、日本国内での復帰初戦はジャパンカップに決まった [92] 。. 迎えた 11月26日 のジャパンカップでは前年の有馬記念以来の対戦となるハーツクライも名を連ね、海外からは当年の カルティエ賞 年度代表馬 ウィジャボード を含む2頭しか出走せず、日本馬を合わせても11頭というジャパンカップとしては少数立てのレースとなった。単勝オッズ1.

当日の全競走が終了したあとに引退式が行われた。約5万人 [] のファンが見守る中、厩務員の市川と調教助手の池江に曳かれながら、武を背に同日の有馬記念のゼッケンを付けて登場した [] 。. 世界ランキングでは、夏から秋にかけては一時的に順位を落としたものの、ジャパンカップと有馬記念の優勝によって、最終的な年通年の世界ランキング1位となった [6] [7] 。JRA賞でも年度代表馬および最優秀4歳以上牡馬に選出された [10] 。年度代表馬は2年連続の受賞だった [注 23] 。JRA賞選考委員会の記者投票では総得票数票のうち年度代表馬で票、最優秀4歳以上牡馬で票を獲得した 宝塚記念 オッズ 。前年に続き関西競馬記者クラブ賞も受賞した [59] 。. 初年度(年)の種付料は当時の日本で繋養される種牡馬としては最高額となる万円であった。初年度は日本国内の新種牡馬の中では最多となる頭に種付けを行い [] 、 年 (平成20年) 1月9日 には初産駒が 鳥井牧場 で誕生した(牝馬。母ロングディライト) [注 宝塚記念 オッズ [] 。.

最終的に初年度産駒がJRAの2歳戦で41勝し、総獲得賞金5億万円をあげた結果、年度のJRA2歳 オンラインカジノ 日本語 に輝いた。なお、この産駒出走初年度の総獲得賞金記録も、サンデーサイレンスが持っていた4億万円の記録を16年ぶりに更新することとなった 宝塚記念 オッズ 。. フランスではグロット賞 ( G3 ) を ビューティーパーラー (Beauty Parlour) が勝利し、産駒初の日本国外重賞初制覇を達成 [] 。同馬は続く プール・デッセ・デ・プーリッシュ (フランスギニー) ( G1 ) にも勝利し、日本国外のG1競走初制覇も果たした [] 。最終的には産駒が GI ・5勝を含む重賞18勝を挙げるなど活躍し、初のJRAと全国のリーディングサイアーに輝いた。. 産駒はJRAで勝を挙げ、これはキングカメハメハの勝(年)を塗り替える、内国産種牡馬のJRA年間勝利数の新記録である [] 。また、JRAと全国の2歳リーディングサイアーの座も獲得した。これらの産駒の活躍で翌年の種付料は、種付時までに全納のみで1,万円(不受胎時全額返還)にまで値上げされたが、すぐにBOOK FULLとなるなど、サンデーサイレンスの後継種牡馬の筆頭と目されていた [] 。. その他にも、 ミッキーアイル ( NHKマイルカップ ) [] 、ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル) [] 、 ショウナンパンドラ (秋華賞) [] 、 スピルバーグ (天皇賞(秋)) [注 30] [] 、 ラキシス ( エリザベス女王杯 宝塚記念 オッズ [注 31] [] 、 ダノンシャーク ( マイルチャンピオンシップ ) [] 、ジェンティルドンナ(有馬記念) [] がGI競走に優勝した。.

カジノ 年齢 ウリウリ が勝ち、産駒のJRA重賞競走通算50勝を達成 [] 。さらに スワンステークス をミッキーアイルが制して産駒重賞勝ち数が72勝となり、 フジキセキ を抜いて内国産種牡馬のJRA重賞勝利数歴代1位となった [] 。. JRAでの年間記録のうち、勝利数(勝) [] 、重賞勝利数(37勝) [] 、GI勝利数(11勝) [] 、獲得賞金(67億万円) [] で自己最高を記録し [注 32] 、3年連続でJRAおよび全国リーディングサイアーを、5年連続で2歳リーディングサイアーを獲得した。なお、重賞勝利数はサンデーサイレンス産駒の38勝(年)に次ぐ歴代2位、GI勝利数は歴代1位である [] 。. 他にも マリアライト (エリザベス女王杯) [] 、ショウナンパンドラ(ジャパンカップ) [] が GI 競走に優勝し、さらにリアルインパクトは ジョージライダーステークス [] 、 エイシンヒカリ は 香港カップ [] で海外 G1 勝利を果たした。 函館2歳ステークス を ブランボヌール が制したことにより、 グレード制 を導入した 年 以降で8頭目となるJRA全10場重賞制覇を達成した [] 。10月12日にラベンダーヴァレイが勝利し、産駒によるJRA通算勝を史上最速で達成した(史上17頭目、5年3カ月23日) [] 。.

獲得賞金(JRAにて69億万円)で自己最高記録を更新し [] 、4年連続でJRA・全国リーディングサイアーを獲得した。一方で2歳成績ではダイワメジャー(6億万円)に次ぐ2位(6億万円)に終わった。. また、中日新聞杯をサトノノブレスが制して新記録となる6週連続JRA重賞勝利を達成し [] 、後に7週連続まで記録をのばした [] 。海外では リアルスティール が ドバイターフ [] 、エイシンヒカリがイスパーン賞 [] で G1 を制覇、マカヒキはニエル賞( G2 )を勝利した [] 。. 獲得賞金(JRAにて73億万円)で自己最高記録を更新し [] 、5年連続でJRA・全国リーディングサイアーを獲得した。また、JRA・全国2歳リーディングサイアーを2年ぶりに獲得した。. JRA年間勝利数(勝)で自己最高記録を更新し [] 、6年連続でJRA・全国リーディングサイアーを、2年連続でJRA・全国2歳リーディングサイアーを獲得した。なお2歳戦では勝馬数50、勝利数57を記録し、サンデーサイレンスが年に記録した勝馬数47、勝利数54のJRA記録を13年ぶりに更新した [] 。また、 セダブリランテス が ラジオNIKKEI賞 に勝利し父の父として [] 、 キセキ が菊花賞に勝利し母の父として [] 初めて重賞勝ち馬を送り出し、孫の代からも活躍馬が現れ始めていた。.

海外調教馬も活躍し、サクソンウォリアーが イギリスギニー を優勝し、日本産馬初のイギリスクラシック制覇を達成した [] 。また、フランス調教馬の スタディオブマン (Study of Man)が ジョッケクルブ賞 (フランスダービー)を優勝し、同年の日本ダービーの勝ち馬ワグネリアンと合わせて2ヶ国のダービー制覇を達成した [] 。. アヌビスのアンク 宝塚記念 オッズ 、7年連続でJRA・全国リーディングサイアーを、3年連続でJRA・全国2歳リーディングサイアーを獲得した。. 海外調教馬の フィアースインパクト ( Fierce Impact )が、トゥーラックハンデキャップ [] と カンタラステークス [] の2つのG1を勝利した。10月8日に ダノンキングリー 宝塚記念 オッズ [] playtech セントオブゴールド が勝利したことにより、年2月7日から週連続でJRAレースを勝利し、サンデーサイレンスの持つJRA記録(週、年3月9日~年11月26日)を更新した [] 。. 獲得賞金(76億万円)で自己最高を記録し [] 、8年連続でJRA・全国リーディングサイアーを、4年連続でJRA・全国2歳リーディングサイアーを獲得した。.

リアルインパクトの産駒で、孫にあたる ラウダシオン がNHKマイルカップを勝利 [] 。12月5日、中京4Rでモーソンピークが1着となり、産駒のJRA通算勝利が勝に到達した。これは父・サンデーサイレンスに次いで2番目の記録達成で、父の11年3ヶ月29日を上回る10年5ヶ月16日での史上最速の達成である [] 。. 獲得賞金(79億万円)で自己最高を記録し [] 、9年連続でJRA・全国リーディングサイアーを [] 、5年連続でJRA・全国2歳リーディングサイアーを獲得した [] 。. 訃報を受け、JRAは8月3・4日の新潟・小倉・札幌の第11レース [] を「 追悼競走 」とし、「 ディープインパクト追悼競走 」の副題を付して開催 [] 。全国の競馬場および東京競馬場内にある 競馬博物館 では記帳台と献花台が、全国の 宝塚記念 オッズ (WINS)および Gate J. フランスでもディープインパクト死亡のニュースは報じられた [] 。パリチュルフ紙は訃報を受けた翌日、凱旋門賞出走時の写真とともに記事を一面で掲載し、「真のアイドル」と報じた 宝塚記念 オッズ 。ジュールドギャロ紙は「Sayonara,Deep Impact」の見出しでトップ扱いで報道し、「日本において競走馬という枠を超えた特別な存在だった」と説明した [] 。.

その後、JRAはディープインパクトの競走馬時代と種牡馬時代の活躍を称えるため、例年3月に行う「報知杯弥生賞」を年から「報知杯 弥生賞 ディープインパクト記念 」と改称することを決めた [] [注 35] 。弥生賞は、重賞初制覇の舞台であり、その後は無敗で三冠馬を達成したため「この一戦こそがディープの冠を付すにふさわしい」と決まったという [] 。サラブレッド競走馬の名前を冠したJRA重賞の誕生は、52年ぶりで、 セントライト記念 (年採用)、 シンザン記念 (年採用)とともに3競走目となった [] [注 36] 。. ディープインパクトはレース時の馬体重が最も重かったレースで新馬戦のkg、最低体重は4歳時のジャパンカップのkgと小柄な体型で、ジャパンカップ以外に出走したGI競走の中でも皐月賞・菊花賞・有馬記念(年・年)において出走馬中の最低馬体重を記録した [] [注 37] [注 38] 。馬体が小さいため、当初は他馬に揉まれ弱いという声もあったが、他馬に揉まれながらも皐月賞に勝利したあとは「大型馬よりも故障のリスクが小さい」と馬体の小ささが肯定的に見られるようになった [] [] 。他にも馬体に関して関係者からはバランスの良さ [注 39] [注 40] [注 41] 、身体の柔軟性を評価されている [注 42] [注 43] [注 44] [注 46] [注 47] 。また、NHK取材班はディープインパクトの心肺機能が他の馬より優れていることも研究により証明している [注 48] 。.

ディープインパクトは薄い蹄の持ち主であり [] 、皐月賞までは順調に勝ち進んだもののレース後には蹄がボロボロになって釘を打てる場所がなくなり [] 、東京優駿前にはこれが問題となった [] 。これを受けて装蹄師の西内は新しい方法で蹄鉄を装着して東京優駿に臨むことにした [] 。まず西内は装締によって蹄に負担がかからないよう従来の釘による装締を止め、クッションの役割を果たすシューライナーを蹄に貼り、その上にエクイロックスという特殊な接着剤で蹄鉄を蹄に装着する方法を施した。ディープインパクトはこの方法で装着された蹄鉄で東京優駿に勝利した [] [] 。西内によるとディープインパクトは蹄鉄の減りがほかの馬に比べて遅く [] 、 エアシャカール と アグネスワールド がそれぞれ2週間使用した蹄鉄とディープインパクトが3週間使用した蹄鉄を比較すると、ディープインパクトの蹄鉄の方が減りが少なかった [] [注 49] [注 50] [注 51] 。.

武豊は「走ろうとする気持ちが強すぎるので、乗る立場からすれば難しい馬」 [] 「この馬が本気で行きだしたら止めるのは容易じゃない」 [] と語っていた。3歳時は他馬が前を走っていると調教でも追い抜こうとして抑えるのに苦労するほどで、調教で馬場に出る時に尻っ跳ねをする癖があった [] 。東京優駿の パドック では焦れ込んで馬場入り時と同じように尻っ跳ねをする仕草を見せ、3歳夏の札幌競馬場でのトレーニングではこれらの癖を矯正するためのトレーニングが施された。その後は4歳時の有馬記念前の調教では他馬に反応することも尻っ跳ねをすることもなくなった [] 。一方で普段は人懐っこくて大人しく、厩舎では「お坊ちゃまくん」のニックネームで呼ばれていた [] [注 52] [注 53] [注 宝塚記念 オッズ [注 宝塚記念 オッズ 。関係者からは利口さも指摘されている [注 56] [注 57] 。. 武豊はディープインパクトの脚質について、東京優駿後のインタビューで「この馬は瞬発力が続くんです。ド〜ンとゴールまでそのまま行く」と答えている [] [] 。武によると新馬戦の追い切りの際に少しスピードがありすぎると感じたため、ゆったりとしたレースをさせるようにしたといい [] 、また ゲート の中でじっとしているのが嫌いで落ち着きがなかったため、スタートが上手くできず出遅れることが多かったことも追い込みという脚質になった一因だとされている [] 。池江泰郎も瞬発力に優れ、しかも長くいい脚を使うのはディープインパクトの強さを感じるところだと述べ [] 、加えて騎手の指示に対する反応の良さを長所として挙げている [] 。一方で池江敏行は他馬と馬体を併せるレースとなった弥生賞がクビ差と僅差での勝利であったこと、同じく他馬と馬体を併せる形となった凱旋門賞で3位入線で敗れたことについて、引退後に「馬体を併せると、本気で走らない気がする」と語っている [] 。.

JRA 競走馬総合研究所 が菊花賞でのディープインパクトの走りを研究したところによると、ラストメートルでのディープインパクトは4本の脚が全て地面についていない時(エアボーン)の時間が他の馬の平均である0. 厩舎関係者はデビュー前からディープインパクトに対して高い素質を感じていた。前述の通りデビュー前の10月に坂路の調教で初めてタイムを計った際、池江泰郎が58秒から59秒で走らせるように指示したがディープインパクトは速い54秒前半のタイムを出したにも関わらず「汗一つかいておらずケロっとしていた」状態のディープインパクトを目の当たりにした市川明彦は、「ただ者ではない」と思ったと後に語った [27] 。池江敏行はデビュー4日前の調教で武豊に「この馬、ひょっとしたらとんでもない馬かもしれないよ。久々に味わった、気持ちいいぐらいの背中なんだ」と言い [28] 、調教を終えた武は「敏行さん、この馬、ちょっとやばいかも」と興奮気味に話した [28] 。新馬戦においてはその強い勝ち方からレース後に市川は「派手にやってしまった」と消耗を心配したが、レース後すぐに息が戻っていたので「クラシックでも戦える」と思ったという [] 。池江泰郎は3歳春の時点でディープインパクトを「理想的なサラブレッド」と評した [] 。. 武豊は新馬戦後に行われた 島田明宏 がインタビュアーとなったインタビューにおいて、話が一通り終わった後に自ら「ちょっと読者用に来年の楽しみな一頭を言うとしたら、先週デビューしたディープインパクトですね。これはみなさん覚えておいてください」と話した [] 。若駒ステークスの数日前にも対談が行われたが、この時はその対談相手に「すごいことになるから見ていてください」と語った [] 。弥生賞前にはマスコミを通じてファンに向けて「競馬場に見に来る価値のある馬だと思います」と発言し [] [31] 、レース後のインタビューで長所は何かという質問に対して負けないところだと答えた [] [注 61] 。ダービー後のインタビューでは「ぼくはずっとこういう馬を探していた、という感じ」と表現し [] [注 62] 、レース翌日の スポーツニッポン の手記において自らディープインパクトのことを 宝塚記念 オッズ というニックネームで呼ぶことを提案した [注 63] [] 。天皇賞(春)のレース後には「世界にこれ以上強い馬がいるのかな」と語った [] 、引退レースの有馬記念後には「生涯最高のレースができた」 [] 「今までにないくらい、強烈な『飛び』だった」 宝塚記念 オッズ と語った。他にも「ディープインパクトがフランスで調教されていたら、たぶんフランスでデビューして、 フランスダービー とかを普通に勝っていたでしょうね」とも語り [] 、ディープインパクトの現役時は自身が海外遠征へ出向いた際に オリビエ・ペリエ や クリストフ・ルメール がジョッキールームで現地の騎手に「日本にはディープインパクトという凄い馬がいて、最後の直線だけで全部負かしてしまって…」と熱心に語っていたという ギャンブル 大負け 。.

同じ無敗の三冠馬の シンボリルドルフ との比較においては、同馬の主戦騎手だった 岡部幸雄 は「ルドルフのほうが強い。ルドルフは競馬のすべてを知り尽くしていた」、「終始馬体を併せる作戦を取ればルドルフなら勝てる」とし、ディープインパクトにはシンボリルドルフに匹敵する能力があるとしつつも欠点の少なさにおいてはシンボリルドルフの方が上であると述べている [注 64] 宝塚記念 オッズ 。しかし、岡部は自ら「ディープインパクトの追っかけ」というほどの熱心なファンでもあった [] 。ノーザンファーム場長の秋田博章は、「ルドルフはソツのないレース巧者」で「優等生という印象」と言ったうえで、「ディープの強さは並ぶ間もない圧倒的なもの」と発言し、「一枚上」だと評価した [] 。 柴田政人 は菊花賞後に「ルドルフを超えたというよりもすごい馬が現れたと感じている。潜在能力がまさにケタ違い」と評している [] 。. 対戦した競走馬の関係者や競馬評論家からも高い評価を受けた。 安藤勝己 はディープインパクトの死後に最も印象に残っているレースとして新馬戦を挙げ、理由は「レース終わってユタカちゃんがG1制した時でも見せない表情で興奮してた」というものであり、「伝説を残すってその時点で確信した」と述べている [] 。弥生賞で3着のマイネルレコルトに騎乗していた 後藤浩輝 はレース後に「ディープインパクトに並ばれた時、威圧感を感じました」とコメントし [] 、東京優駿のレース後に 四位洋文 は「サラブレッドの理想形」、 ケント・デザーモ は「 セクレタリアト のようなレース運びだった」とそれぞれ語った [] 。天皇賞(春)で2着に入ったリンカーン [注 宝塚記念 オッズ に騎乗していた 横山典弘 は、ディープインパクトのレースぶりから「(リンカーンは)生まれた時代が悪すぎた」というコメントを残し [] 、ジャパンカップで3着の ウィジャボード に騎乗した ランフランコ・デットーリ ポーカー 確率 [99] 。 藤田伸二 は 自著 の中でディープインパクトについて、「積んでいるエンジンが全く違った」、「騎手の腕なんて関係なく、誰が乗っても勝てる馬だった」、「ディープと同じレースに出走する時はみんなディープの2着を狙っていた」と述懐している [] 。オリビエ・ペリエは年に「日本のトップホースは充分に 凱旋門賞 を勝てるだけのレベルにある。ただ、このレースは休み明けで勝てるほど甘いものではない」と前置きしたうえで、「僕はいまでもディープインパクトは一回叩いていれば勝てたと思っているんだ」と質問に答えている [] 。.

弥生賞・菊花賞で2着となったアドマイヤジャパンの厩務員・山口慶次は、レース前は「付け入る隙はあるはず」と考えて当日に臨んだが、レース後について「ノリ(横山典弘)は完璧な競馬をしてくれたのに、アッサリとかわされてしまったもんね」と回想し、当時「これから先、あの馬と戦わなきゃいけないのか…」と思っていたことを明かしている [] 。菊花賞でアドマイヤジャパンを差し切って勝利したレースぶりについては「やっぱり来るんや、ほんまに凄い馬やなと思ったね」と述べ、"違う年に生まれていれば"という思いはあるものの、「あれだけの馬とはなかなか一緒に戦えるものではないから」とし、「(アドマイヤジャパンは)いい年に生まれたんじゃないかな」と述べている [] 。皐月賞・神戸新聞杯で2着となったシックスセンスの調教師・ 長浜博之 は、「三冠確実」とも言われたかつての管理馬 アグネスタキオン とディープインパクトの比較において、「タキオンが別格なら、ディープはもう別格中の別格という感じでしたね」と述べている [] 。東京優駿で2着となったインティライミの調教師・ 佐々木晶三 はダービーのレース前に周囲に対して「あの馬に5馬身は離される」と公言し [] 、若駒ステークスを目の当たりにして「"この馬はバケモノ、負かせる馬なんていない"と確信しました」と述べ、東京優駿は2着になればいいなと思ってインティライミを送り出したと述べている ヘッズ 意味 。 杉本清 は「本当の意味で シンザン を終えたのは正反対の華やかなタイプだったディープインパクトだったと思うんです」とし、そのディープインパクトを超える馬はどんな馬なのかと言ったら、三冠馬ではなく凱旋門賞を勝つ馬ということになるのだろうかと述べている [] 宝塚記念 オッズ.

競馬評論家の 井崎脩五郎 は、ディープインパクトの新馬戦の翌日に行われたイベントで「今まで(=数十年間)見てきた中で、一番『これは強い』と思ったレースは? 競馬雑誌『 優駿 』(年8月号)が同誌の創刊号を記念して読者・ライター・評論家・編集者の投票により決定した「未来に語り継ぎたい不滅の名馬たち The Greatest Horses 」のランキングでは、読者部門とライター・評論家・編集者部門でともに第1位に選ばれ、この2つを合計した総合部門ではポイントを獲得し第1位となった [] 。なお読者部門では、10代から60代以上のすべての世代で第1位に選ばれている [] 。. 競走馬時代には、出走したJRA主催の全競走において単勝式馬券で1倍台の1番人気に支持された [2] 。その中でもGI競走では、東京優駿・天皇賞(春)・宝塚記念・ジャパンカップで史上最高の単勝支持率、皐月賞・菊花賞・有馬記念(年)で史上2位となる単勝支持率を記録した。. 現役競走馬時代、ディープインパクトの存在は 社会現象 と言われ [] [] 、高い注目を集めた。 NHK で 中継 された年の凱旋門賞の平均 視聴率 は関東で そのような高い注目と相まって、競馬専門誌や スポーツ新聞 だけでなく一般の 新聞 ・雑誌・テレビ番組などの 宝塚記念 オッズ もその存在を取り上げた。JRAに対する取材の申し込みは例年の10倍に及んだ [] 。三冠達成後の年 10月29日 には NHKスペシャル で「ディープインパクト〜無敗の3冠馬はこうして生まれた〜」が放送された。なお、同番組は年の JRA賞馬事文化賞 を受賞した。 漫画雑誌 でも取り上げられ、ハイセイコーのときと同様に グラビア を飾ったことや(『 週刊ヤングサンデー 』年15号)、凱旋門賞の前に『 週刊少年チャンピオン 』でディープインパクトの物語が短期集中連載された [注 66] ことがある。競走馬引退後の年4月には、 サントリーフーズ 「 BOSSコーヒー 宝塚記念 オッズ CM に トミー・リー・ジョーンズ と共演している [] 。このCMではジョーンズが扮する「宇宙人ジョーンズ」がディープインパクトの鼻面を撫でるシーンが登場し、ディープインパクトに対しては「ディープインパクト(本物)」というテロップがつけられている [] 。.

ディープインパクト号弁当」も7時45分に完売した [] 。. 関西大学 大学院 教授の 宮本勝浩 は、ディープインパクトが出走したGI競走と出走していない前年の同じGI競走の入場者数や売り上げなどを比較し、その増加分から同馬によってもたらされた経済波及効果を試算し、その結果経済波及効果は億円と推定された。これは、この年 セ・リーグ を制した 中日ドラゴンズ の優勝の経済効果を共立総合研究所( 岐阜県 )が約億円、 新庄剛志 を中心として パ・リーグ を制し、同年の中日との 日本シリーズ を制して日本一に輝いた 北海道日本ハムファイターズ の経済効果についても北海道未来総研が約億円と試算している。宮本は「1頭の馬が70人を超える2つのプロ野球球団のV効果を、ともに上回っているのは驚異的なこと」と述べ、今回の試算では新聞、雑誌、テレビなどの広告宣伝効果は計測しておらず「それらを推定すると、ディープの経済効果はさらに膨大な金額に膨れ上がるでしょう」という [] 。. 関連商品はよく売れ、同馬の関連商品によって年の競馬グッズの売り上げが前年より10パーセント増加したと 中央競馬ピーアール・センター の職員は語り [] 、同センターが販売する競馬グッズの売り上げの3分の1が同馬の関連商品だった [] 。また単勝馬券を払い戻さずに取っておくファンも存在し、年の有馬記念では同競走の単勝馬券の未払い率は9.

菊花賞当日のレース終了後、京都競馬場の最寄り駅である 京阪本線 宝塚記念 オッズ ではディープインパクトの三冠達成を見てから帰宅した競馬ファンで プラットホーム が混雑し、 急行列車 の臨時停車や 臨時列車 を大増発した。それでも捌き切れずにホーム上の安全性確保と混雑緩和の観点から急遽 特急列車 を4本のみ臨時停車させた [] 。さらに競馬場付近を走る京阪宇治バス(現・ 京都京阪バス ) 宇治淀線 や 京阪バス の 淀競馬場線 などの 路線バス や周辺 道路 も、当日は混みに混み合って、渋滞が解けたのは京阪宇治バス宇治淀線の最終バス発車間際の午後10時ごろであったという。. ディープインパクトが勝ったGI競走の2着馬は7頭いるが、うち6頭(シックスセンス、インティライミ、アドマイヤジャパン、リンカーン、ナリタセンチュリー、ドリームパスポート)がそこから1年以内に故障を発症している。これら2着馬の故障続出の事実は現役当時「ディープインパクトの呪い」として週刊誌で取り上げられた [] 。日本国内で唯一ディープインパクトに勝利したハーツクライも、先述の通り翌年に 喘鳴症 を発症し引退に追い込まれている。凱旋門賞でディープインパクトを破ったレイルリンクも翌年骨折、さらには腱を痛めて引退している。唯一健常な競走馬生活を送ったのはポップロックで、後にアイルランドへ移籍して年(9歳)まで現役を続けたが、最後はレース中に屈腱炎を発症して引退となり、「ディープインパクトの(GI競走)2着馬はGIを勝つことができない」というもう一つのジンクスについても打ち破ることは叶わなかった。.

勝ち鞍は GI級 競走のみ表記。競走名の前の国旗は開催国 (日本以外の場合に明記)、日本国外調教馬の馬名はカタカナ+英字で明記. 勝ち鞍は GI級 競走のみ表記。競走名の前の国旗は開催国、日本国外調教馬の馬名はカタカナ+英字で明記. 父サンデーサイレンスは競走馬としてアメリカでG1競走6勝を挙げ、種牡馬として日本に輸入されてからは13年連続で リーディングサイアー に輝いた、日本競馬史上に残る 種牡馬 である。母 ウインドインハーヘア は競走馬として ドイツ G1の アラルポカル に優勝し、ディープインパクトの活躍を受け、年のセレクトセールで2番仔ヴェイルオブアヴァロンの仔(父 ピヴォタル )が2億万円、5番仔ライクザウインドの仔(父 シンボリクリスエス )が万円で落札されるなど、一族が軒並み高額で取引されるようになった [13] 。. 第1回 ロツクパーク. 第80回 コントレイル. 第81回 コントレイル.

国際競走指定前: 第 0 0 2回(年) ハセパーク 第 0 0 4回(年) スゲヌマ 第 0 0 6回(年) トキノチカラ 第 0 0 8回(年) マルタケ 第 0 10回(年) ミナミモア 第 0 12回(年) グランドライト 第 0 14回(年) ヒロサクラ 第 0 15回(年) オーライト 第 0 17回(年) シーマー 第 0 19回(年) ミハルオー 第 0 21回(年) オーエンス 第 0 23回(年) タカクラヤマ 第 0 25回(年) ミツハタ 第 0 27回(年) レダ 第 0 29回(年) ハクリヨウ 第 0 宝塚記念 オッズ タカオー 第 0 33回(年) メイヂヒカリ 第 0 35回(年) キタノオー 第 0 37回(年) オンワードゼア 第 0 39回(年) トサオー 第 0 41回(年) クリペロ 第 0 43回(年) ヤマニンモアー 第 カジノ 入金不要ボーナス 45回(年) オンスロート 第 0 47回(年) コレヒサ 第 0 49回(年) ヒカルポーラ 第 0 51回(年) アサホコ 第 0 53回(年) ハクズイコウ. 第 0 55回(年) スピードシンボリ 第 0 57回(年) ヒカルタカイ 宝塚記念 オッズ 0 59回(年) タケシバオー 第 0 61回(年) リキエイカン 第 0 63回(年) 宝塚記念 オッズ 第 宝塚記念 オッズ 65回(年) ベルワイド 宝塚記念 オッズ 0 67回(年) 宝塚記念 オッズ 第 0 69回(年) タケホープ 第 0 71回(年) イチフジイサミ 第 0 73回(年) エリモジョージ 第 0 75回(年) テンポイント 第 0 77回(年) グリーングラス 第 0 79回(年) カシュウチカラ 第 0 81回(年) ニチドウタロー 第 0 83回(年) カツラノハイセイコ 第 0 85回(年) モンテプリンス 第 0 87回(年) アンバーシャダイ 第 0 89回(年) モンテファスト 第 0 91回(年) シンボリルドルフ 第 0 93回(年) クシロキング 第 0 95回(年) ミホシンザン 第 0 97回(年) タマモクロス 宝塚記念 オッズ 0 99回(年) イナリワン 第回(年) スーパークリーク 第回(年) メジロマックイーン 第回(年) メジロマックイーン 第回(年) ライスシャワー 第回(年) ビワハヤヒデ.

第回(年) ライスシャワー 第回(年) サクラローレル 第回(年) マヤノトップガン 第回(年) メジロブライト 第回(年) スペシャルウィーク 第回(年) テイエムオペラオー 第回(年) テイエムオペラオー 第回(年) マンハッタンカフェ 第回(年) ヒシミラクル 第回(年) イングランディーレ 国際競走指定後: 第回(年) スズカマンボ 第回(年) ディープインパクト 第回(年) メイショウサムソン 第回(年) アドマイヤジュピタ 第回(年) マイネルキッツ 第回(年) ジャガーメイル 第回(年) ヒルノダムール 第回(年) ビートブラック 第回(年) フェノーメノ 第回(年) フェノーメノ 第回(年) ゴールドシップ 第回(年) キタサンブラック 第回(年) キタサンブラック 第回(年) レインボーライン 第回(年) フィエールマン 第回(年) フィエールマン. 国際競走指定前: 第 0 1回(年) ホマレーヒロ 第 0 2回(年) シーザー 第 0 3回(年) コダマ カジノ 遊び方 0 4回(年) リユウフオーレル 第 0 5回(年) ヒカルポーラ 第 0 6回(年) シンザン 第 0 7回(年) エイトクラウン 第 0 8回(年) タイヨウ 第 0 9回(年) ヒカルタカイ 第10回(年) ダテホーライ 第11回(年) スピードシンボリ 第12回(年) メジロムサシ 第13回(年) ショウフウミドリ 第14回(年) ハマノパレード 第15回(年) ハイセイコー 第16回(年) ナオキ 第17回(年) フジノパーシア 第18回(年) トウショウボーイ 第19回(年) エリモジョージ 第20回(年) サクラショウリ 第21回(年) テルテンリュウ.

第22回(年) カツアール 第23回(年) モンテプリンス 第24回(年) ハギノカムイオー 第25回(年) カツラギエース 第26回(年) スズカコバン 第27回(年) パーシャンボーイ 第28回(年) スズパレード 第29回(年) タマモクロス 第30回(年) イナリワン 第31回(年) オサイチジョージ 第32回(年) メジロライアン 第33回(年) メジロパーマー 第34回(年) メジロマックイーン 第35回(年) ビワハヤヒデ 第36回(年) カジノx 第37回(年) マヤノトップガン 国際競走指定後: 第38回(年) マーベラスサンデー 第39回(年) サイレンススズカ 第40回(年) グラスワンダー 第41回(年) テイエムオペラオー.

国際G1昇格後: 第42回(年) メイショウドトウ 第43回(年) ダンツフレーム 第44回(年) ヒシミラクル 第45回(年) タップダンスシチー 第46回(年) スイープトウショウ 第47回(年) ディープインパクト 第48回(年) アドマイヤムーン 第49回(年) エイシンデピュティ 第50回(年) ドリームジャーニー 第51回(年) ナカヤマフェスタ 第52回(年) アーネストリー 第53回(年) オルフェーヴル 第54回(年) ゴールドシップ 第55回(年) ブラックジャック トランプ 第56回(年) ラブリーデイ 第57回(年) マリアライト 第58回(年) サトノクラウン 第59回(年) ミッキーロケット 第60回(年) リスグラシュー 第61回(年) クロノジェネシス.

第 0 1回(年) メアジードーツ 第 0 2回(年) ハーフアイスト 第 0 3回(年) スタネーラ 第 0 4回(年) カツラギエース 第 0 5回(年) シンボリルドルフ 第 0 6回(年) ジュピターアイランド 第 0 7回(年) ルグロリュー 第 0 8回(年) ペイザバトラー 第 0 9回(年) ホーリックス 第10回(年) ベタールースンアップ 第11回(年) ゴールデンフェザント 第12回(年) トウカイテイオー 第13回(年) レガシーワールド. 宝塚記念 オッズ マーベラスクラウン 第15回(年) ランド 第16回(年) シングスピール 第17回(年) ピルサドスキー 第18回(年) エルコンドルパサー 第19回(年) スペシャルウィーク 第20回(年) テイエムオペラオー 第21回(年) ジャングルポケット 第22回(年) ファルブラヴ 第23回(年) タップダンスシチー 第24回(年) ゼンノロブロイ 第25回(年) アルカセット 第26回(年) ディープインパクト. 第27回(年) アドマイヤムーン 第28回(年) スクリーンヒーロー 第29回(年) ウオッカ 第30回(年) ローズキングダム 第31回(年) ブエナビスタ 第32回(年) ジェンティルドンナ 第33回(年) ジェンティルドンナ 第34回(年) エピファネイア 第35回(年) ショウナンパンドラ 第36回(年) キタサンブラック 第37回(年) シュヴァルグラン 第38回(年) アーモンドアイ 第39回(年) スワーヴリチャード 第40回(年) アーモンドアイ.

国際競走指定前: 第 0 1回(年) メイヂヒカリ 第 0 2回(年) ハクチカラ 第 0 3回(年) オンワードゼア 第 0 4回(年) ガーネツト 第 0 5回(年) スターロツチ 第 0 6回(年) ホマレボシ 第 0 宝塚記念 オッズ オンスロート 第 0 8回(年) リユウフオーレル 第 0 9回(年) ヤマトキヨウダイ 第10回(年) シンザン 第11回(年) コレヒデ 第12回(年) カブトシロー 第13回(年) リュウズキ カジノ 年齢 スピードシンボリ 第15回(年) スピードシンボリ 第16回(年) トウメイ 第17回(年) イシノヒカル 第18回(年) ストロングエイト 第19回(年) タニノチカラ 第20回(年) イシノアラシ 第21回(年) トウショウボーイ 第22回(年) テンポイント. 第23回(年) カネミノブ 第24回(年) グリーングラス 第25回(年) ホウヨウボーイ 第26回(年) アンバーシャダイ 第27回(年) ヒカリデユール 第28回(年) リードホーユー 第29回(年) シンボリルドルフ 第30回(年) シンボリルドルフ 第31回(年) ダイナガリバー 第32回(年) メジロデュレン 第33回(年) オグリキャップ 第34回(年) イナリワン 第35回(年) 宝塚記念 オッズ 第36回(年) ダイユウサク 第37回(年) メジロパーマー 第38回(年) トウカイテイオー 第39回(年) ナリタブライアン 第40回(年) マヤノトップガン 第41回(年) サクラローレル 第42回(年) シルクジャスティス 第43回(年) グラスワンダー 第44回(年) グラスワンダー 第45回(年) テイエムオペラオー.

第46回(年) マンハッタンカフェ 第47回(年) シンボリクリスエス 第48回(年) シンボリクリスエス 第49回(年) ゼンノロブロイ 第50回(年) ハーツクライ 第51回(年) ディープインパクト 国際競走(G1)指定後: 宝塚記念 オッズ マツリダゴッホ 第53回(年) ダイワスカーレット 第54回(年) ドリームジャーニー 第55回(年) 宝塚記念 オッズ 第56回(年) オルフェーヴル 第57回(年) ゴールドシップ 第58回(年) オルフェーヴル 第59回(年) ジェンティルドンナ 第60回(年) ゴールドアクター 第61回(年) サトノダイヤモンド 第62回(年) キタサンブラック 第63回(年) ブラストワンピース 第64回(年) リスグラシュー 第65回(年) クロノジェネシス. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. この項目では、競走馬について説明しています。その他の用法については「 ディープ・インパクト 」をご覧ください。.

この記事は「 新馬齢表記 」で統一されています。詳しくは こちら を参照してください。. 公益社団法人 日本軽種馬協会. org 年10月27日. 株式会社ネットドリーマーズ 年5月8日. スポニチ Sponichi 宝塚記念 オッズ. 株式会社ネットドリーマーズ 年3月6日. 日刊大衆 年3月27日. 株式会社ネットドリーマーズ 年12月8日. Sponichi Annex. 株式会社ネットドリーマーズ 年6月8日. 株式会社ネットドリーマーズ 年12月7日. 株式会社日経ラジオ社 年1月9日. 株式会社スポーツニッポン新聞社 年1月18日. ニッカンスポーツ 年1月21日. 四国新聞社 年7月16日. 株式会社ネットドリーマーズ 年2月12日. 株式会社日経ラジオ社 年4月12日.

ニュース
ジョーカー トランプ (赤) - ackerfilm.com 05.03.2021 - ジョーカー トランプ
「Jokers」のアイデア 件 | トランプ, ジョーカー トランプ, 扑克
オンライン カジノ ゲーム
ackerfilm.com-オンラインカジノのソーシャルメディア戦略 05.03.2021 - オンライン カジノ ゲーム
オンラインカジノのゲームおすすめ15選!無料で遊べるオンラインカジノも総まとめ | CASINO LOBBY(カジノロビー)
ネット カジノ
kaekaeオンラインカジノ情報サイト 05.03.2021 - ネット カジノ
オンラインカジノ(ネットカジノ)は違法?合法?初心者が知っておくべき全知識 | CASINO LOBBY(カジノロビー)
ルーレット 必勝法
オンラインカジノ攻略 ルーレット攻略法&必勝法 05.03.2021 - ルーレット 必勝法
連敗や負けている時に使うルーレットの攻略・必勝法と資金管理(マネーマージメント) | ベラジョンカジノ攻略ガイド
カジノ おすすめ ゲーム
カジノで勝てるゲームはどれ?プレーヤー必読!ゲーム勝率大解剖! 04.03.2021 - カジノ おすすめ ゲーム
ブラックジャックでおすすめのオンラインカジノ【8選】 | オンカジデビュー
カジノエックス
カジノエックスの評判は?口コミや安全性を徹底調査 | カジペディア 05.03.2021 - カジノエックス
Casino-x(カジノエックス)|入金不要ボーナス贈呈中!評判や登録&入出金方法も徹底解説 | オンラインカジノTube