カジノ カードゲーム
05.03.2021

カジノ王国 テーブルゲーム


先ず、第1の発明のカードゲームの自動計算方法は、カジノにおけるカードゲームの自動計算方法であって、カードゲームにて使用するIC Integrated Circuits タグを組み込まれたゲーム用カードと、少なくとも一人以上のプレーヤ毎に対応して設けられたゲーム用カード又はカジノチップの載置領域に配設されたICタグ読取装置と、該ICタグ読取装置に有線又は無線で接続された計算装置と、を備え、上記カードゲームが終了したとき、上記計算装置により、上記ICタグ読取装置にて読み取られた上記ゲーム用カードの上記ICタグが示すID identification と予め記憶されている上記カードゲームの遊戯規則とに基づいて上記プレーヤの勝ち負け及び勝ったプレーヤへの払戻率を計算するように構成される。. 図2 a は、本発明のカジノゲームシステムに係るゲーム用カードの構成を示す図であり、同図 b は、それに内蔵されるICタグのID情報とカードの種類及び番号との対応関係を示す図表である。同図 カジノ カードゲーム に示すように、ゲーム用カード10は、ICタグ11と、このICタグ11に接続されてカードの縁沿いに張り巡らされたアンテナ12とが、カードの表裏を形成している2枚の薄いプラスティック板13及び14で挟み込まれた構成となっている。. 尚、同図 a は、ゲーム用カード10として代表的にダイヤのエース(A)を示しているが、上述したカード内部の構成は全てのカードに共通するものである。 このゲーム用カード10に内蔵されるICタグ11には、それぞれ励起電圧で動作するCPUと、ゲーム用カード10に一義的に対応するID情報が記録されたメモリが備えられている。.

同図 b は、そのようなゲーム用カード10のカード番号と、このカード番号及び1枚毎のカードに一義的に対応するID情報との対応関係の一例を示している。同図 b に示すように、カードの種類をハートのA、2、3、・・・13、スペードのA、2、3、・・・の順序であるとし、カードの番号を、それぞれ001、002、003、・・・、013、101、102、103、・・・とする。すなわち、カード番号を3桁の数字で示す示すものとし、3桁の下2桁で1番(A)から13番(K)までを示し、3桁の頭の1桁が「0」の場合はハート、3桁の頭の1桁が「1」の場合はスペード、「2」の場合は例えばダイヤ、「3」の場合はクラブとする。. 図3 a は、本発明のカジノゲームシステムに係るカジノチップの構成を示す図であり、同図 b は、それに内蔵されるICタグのID情報とカジノチップの種類との対応関係を示す図表である。図3 a に示すカジノチップ15も、上記のゲーム用カード10と同様に、ICタグ16と、このICタグ16に接続されチップ円周に沿って張り巡らされたアンテナ17とが、チップ内部に埋め込まれた構成となっている。. 本例では、図3 b に示すカジノチップの種類とID情報との対応図表18のように、カジノチップ15の種類を、例えば、100円チップ、500円チップ、1000円チップ、5000円チップ、及び10000円チップの5種類としている。. そして、下4桁は、チップ1枚ごとにチップの数だけ順番に割り当てられていく。同図 b に示す図表において、100円チップの20001〜20011のうち、20006、20007、20010の3つの番号が欠けているのは、この番号の100円チップが紛失した、客が持ち去った、又は損傷によって廃棄された、のいずれかの理由で欠番となっているものである。これは他の500円チップ〜10000円チップにおける連番が欠けているものについても同様である。.

データ記憶部21は、上記の制御プログラムに他に、各種のカードゲームのルール、前述した図2 b カジノ カードゲーム b に示したカジノチップの種類とID情報との対応図表18の内容と同一のカジノチップの種類とID情報との対応テーブル、更には、後述するゲーム勝敗履歴テーブルやディーラアラーム記録テーブル、その他の保存用、又は一時的な様々のデータを記憶する回路と装置である。. 図5 カジノ カードゲーム は、上記のデータ記憶部21に記録されるゲーム勝敗履歴テーブルを示す図であり、同図 b は、同じくデータ記憶部21の他の領域に記録されるディーラアラーム記録テーブルを示す図である。. 同図 a は、例としてブラックジャックのゲームテーブル1の場合を例にとって示している。同図 a に示すゲーム勝敗履歴テーブル28は、カジノ内のブラックジャックの各ゲームテーブル毎に対応してそれぞれデータ記憶部21に作成されていく。. 同図 a に示すように、ブラックジャックのゲームテーブル1におけるゲーム勝敗履歴テーブル28では、テーブルの左から、ゲームテーブル番号、ゲームの勝敗が決した確定時刻、デーィラ側に配布されたカードの合計値を示すディーラ結果、各プレーヤ毎のゲーム結果、すなわちプレーヤ1の例では、配布されたカードの合計値を示す結果、ディーラとの勝敗、プレーヤ1が出した賭け金、勝ったときの払戻額、及びそのゲームで手元に残った金額である合計額が記録される。プレーヤ1が勝ったときは合計額は賭け金プラス払戻額となり、負けたときは賭け金が没収されて「0」、払戻額も「0」であるので、合計額は「0」である。. 同図 b に示す例では、ディーラAは、4/1(4月1日)の時刻10:05と4/3の時刻12:25の2回にわたってアラームを発生させたことが記録されている。また、ディーラBはアラームを一度も発生させておらず、ディーラCは、5/6の時刻11:31の一回だけアラームを発生させたことが記録されている。.

先ず、ブラックジャックのカードゲームを行う際、プレーヤ3は賭け金として任意の種類の任意の枚数のカジノチップ15をゲームテーブル2の所定の場所(ブラックジャックでは「ベッティング・サークル」と呼ばれるカジノチップの載置領域、本例では、この載置領域の直下にプレーヤ用ICタグ読取装置5が配設されている)に置く。このカジノチップ15には、図3 a に示したようにICタグ16が組み込まれている。. CPU20は、上記のベッティング・サークル上に載置されたカジノチップ15に内蔵のICタグ16を、プレーヤ用ICタグ読取装置5を介して読み取り、この読み取ったICタグ16のID情報、すなわち図3 b に示したID番号を、ICタグID識別部22を介して識別する(ステップ201)。. 上記のID番号は、図3 b で説明したように各カジノチップ15に固有の番号であり同じ番号のカジノチップ15は存在しない。プレーヤ3が幾らのカジノチップ15を賭けたかは、データ記憶部21に記憶されている図3 b に示したカジノチップの種類とID情報との対応図表18の内容と同一のカジノチップの種類とID情報との対応テーブルから、上記読み取ったICタグ16のID番号を検索することによって、賭けられたカジノチップ15の種類を容易に識別でき、その総額を計算することができる。.

尚、このときCPU20は、上記プレーヤ3毎に算出した賭け金を、モニタ装置8の表示画面に表示して、ディーラ2に報知するようにしてもよい。 このようにして、各プレーヤ3毎の賭け金(カジノチップ15)が出揃うと、ディーラ2は、ゲーム用カード10を配布する。まず、ディーラ2は各プレーヤ3およびディーラ2自身にも1枚ずつゲーム用カード10をオープンで(模様や数字が見えるように)配る。そして、2枚目は、プレーヤ3にはオープンで配り、ディーラ2自身にはクローズで(模様や数字が見えないように)配る。. この時点で、CPU20は、ディーラ用ICタグ読取装置位置4及びプレーヤ用ICタグ読取装置5を介して、ディーラ2及び各プレーヤ3毎に配布されたゲーム用カード10のICタグ11を読み取り、この読み取ったICタグ11のID情報、すなわち図2 b に示したID番号を、ICタグID識別部22を介して識別する(ステップ203)。. 上記のID番号は、図2 b で説明したように各ゲーム用カード10に固有の番号であり同じ番号のゲーム用カード10は存在しない。ディーラ2及び各プレーヤ3に配布されたゲーム用カード10の総点数が幾らになっているかは、データ記憶部21に記憶されている図2 b に示したカードの種類及び番号とID情報との対応図表9の内容と同一のカードの種類及び番号とID情報との対応テーブルから、上記読み取ったICタグ11のID番号を検索することによって、配布されたゲーム用カード10の種類を容易に識別でき、その総点数を計算することができる。.

カジノ カードゲーム b のカードの種類及び番号とID情報との対応図表9の中段に示す「カードNo.」の欄に示される番号、例えば、スペードのエース(A)であれば「101」)を用い、その番号の下2桁の数値を用いてカード点数算出の演算を行う。. CPU20は、上記のようなブラックジャックのゲームのルールに従って、ゲームルール管理部23を介してゲームの進行を管理する(ステップ205)。 そして、ブラックジャックのゲームの進行は、ディーラ2のゲーム用カード10の合計点数が17以上になった時点で終了となる。したがって、例えばディーラ2のゲーム用カード10の合計点数が16以下のときは、CPU20は、未だゲーム中であると判断し(ステップ206がNo)、この場合は、ステップ203に戻って、ステップ203〜206を繰り返す。. また、CPU20は、上記の処理に続いて、上記の勝敗結果を、図5 a に示したゲーム勝敗履歴テーブル28に記録する(ステップ209)。これにより、図5 a に示したように、ゲーム勝敗履歴テーブル28に、勝負確定時刻、各カード点数の結果、勝敗、賭け金、払戻額、合計額等が記録される。. 尚、このアラームの発生の要因となったカジノチップ15の払い戻しミスは、ディーラの故意であるか過失であるかにかかわらず、図5 b のディーラアラーム記録テーブル29に記録して残す必要がある。これにより、ディーラ2によるカジノチップ15の払い戻しミスや不正を防止することができる。.

本発明のカジノゲームシステムの構成例を示す図である。 a は本発明のカジノゲームシステムに係るゲーム用カードの構成を示す図、 b はそれに内蔵されるICタグのID情報とカードの種類及び番号との対応関係を示す図表である。 a は本発明のカジノゲームシステムに係るカジノチップの構成を示す図、 カジノ カードゲーム はそれに内蔵されるICタグのID情報とカジノチップの種類との対応関係を示す図表である。 本発明のゲーム環境を有するのカジノゲームシステムの構成におけるサーバの内部構成を示すブロック図である。 a はサーバのデータ記憶部に記録されるゲーム勝敗履歴テーブルを示す図、 b は同じくディーラアラーム記録テーブルを示す図である。 本発明のカジノゲームシステムのブラックジャックを例とした場合の処理動作を示すフローチャートである。. カジノ date : Free format text : PAYMENT UNTIL: Year of fee payment : 3. カードゲームに 用いられるゲーム用カードであって、該ゲーム用カードを識別するカードIDを記憶 するICタグを有するゲーム用カードと、 前記ゲーム用カードに用いられるカジノチップであって、該カジノチップを識別するチップIDを記憶する他の ICタグを有するカジノチップと、 前記チップIDと、 該チップIDが識別する 前記カジノチップ が表す 金額 の情報 とを対応付けて 格納 する記憶部と、 前記カジノチップおよび前記ゲーム用カードが載置されるテーブルにおいて プレーヤ ーごとに割り当てられた領域に備わる読取装置から、該読取装置が前記ICタグから読取った 前記カードID 、および、該読取装置が前記他のICタグから読取った 前記チップIDを受信する受信部と、 前記受信 した 前記カードIDと予め記憶され た 前記カードゲームの遊戯規則とに基づいて 、該カードゲーム の勝ち負け を決定するとともに、該カードIDおよび該遊戯規則とに基づいて、該カードゲームにおいてディーラにより支払われるべき 第 一 の払戻金を計算するとともに、前記受信 した チップID および カジノ カードゲーム 、該ディーラにより実際に払い戻された 第 二 の払戻金を計算する計算部と、 前記計算された 前記第 一 の払戻金と前記第 二 の払戻金とが一致するか否かを判断する比較部と、 前記比較部に より前記第一の払戻金と前記第二の払戻金とが カジノ カードゲーム を行う 警告部と、 を有する ことを特徴とする カードゲーム不正監視 システム 。.

前記計算部は、前記カジノチップが賭け金として前 記領 域に載置されたとき、前 記読 取 装置 にて前記 他 のICタグから読取られたチップIDに基づいて前 記領 域毎の賭け金を計算し、前記カードゲームが終了したとき、前 記領 域毎に計算した賭け金と前記遊戯規則に基づく払戻率とに基づいて前 記領 域毎の 前記第一の 払戻金を計算する ことを特徴とする 請求項1に記載のカードゲーム不正監視 システム 。. 前記サーバは、前記 第一の払戻金と前記第二の払戻金と が一致しないとき警告を報知するとともに、該警告の報知に係わる前記ディーラのID及び前記警告の報知を行った日時を所定の記録装置に記録する、ことを特徴とする請求項3記載のカードゲーム不正監視システム。. JPA JPB2 ja JPA JPA ja. JPB2 true JPB2 ja. JPA Expired - Fee Related JPB2 ja. JPB2 ja. WOA1 en. KRB1 ko. SGTA en. Systeme de cartes incluant un paquet de cartes et un dispositif pour totaliser un nombre de points. SGXA en. USB2 en. JPA カジノ カードゲーム. System and method for providing a baccarat game based on financial market indicators.

USA1 en. System and method for providing a カジノ カードゲーム game based on multiple financial market indicators. USB1 en. Secure identification devices and methods for detecting and monitoring access thereof. カジノ カードゲーム including card game dispensing shoe with barrier and ジョーカー トランプ, and enhanced card gaming table, enabling waging by remote bettors. FIB fi. DET2 de. AUB2 en. USA en. Gaming chips with electronic circuits scanned by antennas in gaming chip placement areas for tracking the movement of gaming chips within a casino apparatus and method. Method of playing a game of chance and system for facilitating the play thereof.

Free format text : PAYMENT UNTIL: Year of fee payment : 3.

ニュース
バカラ
軽井沢・プリンスショッピングプラザ 05.03.2021 - バカラ
バカラガイド - バカラのルール、プレイ方法、必勝法
ギャンブル ブログ
「ギャンブル」ジャンルの注目記事 | FC2ブログ 05.03.2021 - ギャンブル ブログ
ギャンブルの借金 人気ブログランキングとブログ検索 - その他生活ブログ
ルーレット 必勝法
独自のルーレット攻略法で勝率% | カジノゲーム攻略ナビ 05.03.2021 - ルーレット 必勝法
勝ちたいならこれを見ろ!7分で攻略☆ルーレット講座【誰でも分かる!オンラインカジノルールブック Vol.1】 │ オンラインカジノまとめ動画